2013年07月31日

7月30日

【農業・コラ】コートジボワールにおけるコラ生産の可能性
コラ(植物)の栽培は、コーヒーやカカオ、パーム等と同様に、換金作物になりつつある。作物の多様化の目的もあいまって、コラのプランテーションは14州で徐々に広がっている。複数の農家は技術支援の要望を出しており、コートジボワールコラ専門国家連合(Federation National des professionnels de la filiere cola de Cote d’Ivoire:Fenaproco-CI)は同14州に技術者を派遣して対応している。
農業省によると、コートジボワールは世界一のコラ生産国かつ輸出国で、生産量は年35トンである。1995年には74トンあったものと見られ、1991年には輸出額32億FCFAだったものが、1995年には5億1500万FCFAまで減っている。それにもかかわらず政府の支援はなかったが、2011年にFenaproco-CIが結成され、2012年のコラ生産量は86トンを達成した。もう一つの組織コートジボワールコラ生産者協会(Association professionnelle des producteurs de cola de Cote d’Ivoire:Appexco-CI)によると、2007年には1745の生産者が各地でコラ生産をしており、実際の生産は100,000トンにのぼり、金額にして1470億FCFAに上るはずとのこと。
Fraternite Matin、7月30日紙面、P20

【農業・トマト】トマト280万トンの生産
野菜・食料生産者グループ(Groupement des producteurs de maraichers et de vivriers:GPMV)のボンドゥク(Bondoukou)支局は、2011-12年のトマト生産が280万トン、売り上げにして6億8700万FCFAであったと発表した。
同グループ会長のMaizan氏によると、生産したトマトは売上を最優先しまずはアビジャンで売られ、次にボンドゥク市場にまわると説明し、課題としては生産品の回収と輸送のための手段や保存倉庫が不足していることと、農道の状態の悪さ、などを挙げた。
2012-13年は300万トン以上の生産を見込んでいる。
GPMVボンドゥク支局は500のメンバー(うち男性300人女性200人)で、30地区(Kiendi-Oualogo、Pidaboroko、Soko、Kouassi N’Dawa、Appimadoumなど)で生産をしている。
AIP
http://news.abidjan.net/h/466841.html



posted by kanekoci at 07:34| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。