2013年07月29日

週末特別号 7月28日 その3.

その3.ローン貸与状況と預金状況

 次にローン貸与状況を見てみると、総額ではセネガルが最も多く430.9百万USDであり、ガーナは322.1百万USDと続くが、コートジボワールは圧倒的に少なく、76.6百万USDである。ただし、コートジボワールはローン貸与人数で見てみると、1231.7USD/ローン貸与人数と一人当たりの貸付額が他の2国に比べて非常に大きい。ガーナは534.3USD/ローン貸与人数、セネガルは最も少なく101.9USD/ローン貸与人数となっている。しかし、セネガルはローン貸与人数の人口に対する割合が3か国の中においては最も大きく、3.3%となっている。ガーナは2.4%、コートジボワールは非常に少なく0.3%である。
 
 コートジボワールにおいてまた別の大手MFIにインタビューした際には、「我々の顧客はインフォーマルセクターの企業が多いが、インフォーマルセクターと言えど非常に大きな金額を動かしている企業も少なくはない。」という意見も聞かれた。上記のMFIインタビューで聞かれた意見「ローン供与はせずに自社の維持のみしているという機関も多い」という点も合わせて考えると、コートジボワールにおいては、MFIによる金融活動は非常に限られているが、活動を維持しているMFIは、ごく限られた非常に優良な企業のみを対象とする代わりに、ローン貸与額についてはある程度の大きな額を貸与しながら、自社の利益確保と経営維持をしている、という構図を描くことができる。他方セネガルについては、ローン貸与額は小さいながらも、比較的広い顧客を対象として貸与を行っていると言える。
スライド1.JPG
 続いて預金状況を見てみると、預金総額も人数もガーナが最も多くそれぞれ409.3百万USD、210万人であるが、預金者一人あたりの預金額はセネガルが最も多く263.5USDで、人口に占める預金者数の割合も最大で10.2%である。コートジボワールは預金者一人あたりの預金額はガーナの104.9USDによりも若干多く204.5USDであるが、預金者数の人口比はガーナの半分強である4.8%しかない。コートジボワールは上記のとおり約10年間の内戦によって市民の経済活動は停滞しているうえに、国内の貧困率も上昇している。他国に比べて預金できる経済的余力を持たない市民が多い可能性がうかがえる。
スライド1.JPG


posted by kanekoci at 09:45| Comment(0) | 特別号 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。