2014年07月18日

7月17日

【投資動向】2013年の海外投資額5億FCFA
コートジボワールへの海外投資意向が2012年の2億2000万FCFAに対して、2013年は5億FCFAと倍以上の結果となったことを、産業・鉱業省Jean-Claude Brou大臣が7月10日に発表した。
4月初めにダンカン首相が発表したところによると、投資意向の多くはフランス企業に閉められている。実際フランスはコートジボワールにとって最大の投資国で、同地では800社が活動し、うち160社は本国における大企業の代表事務所となっている。活動が活発なのは特に金融・建設・運輸セクターである。
CI-フランス間の貿易額は2013年で17億EUR。2013年11月にフランスの前貿易大臣Nicole Bricq大臣が来CI氏た際には、2017年までに両国の貿易額が22.5億EURまで上昇することを目指すと述べている。
7月11日、インターネットサイトAgence Ecofin
http://www.agenceecofin.com/investissement/1107-21486-cote-d-ivoire-les-investissements-etrangers-ont-atteint-500-milliards-fcfa-en-2013
posted by kanekoci at 05:49| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。