2014年04月18日

4月17日

【天然資源・石油】
仏石油会社TOTALは木曜日に開示したコミュニケにおいて、「鉱床CI-514ブロックの探鉱井戸Saphir-1XBは、コートジボワールの西、深い沖に炭化水素液体があることを証明した」と発表した。同社は掘削データの分析を続けると同時に、探鉱の範囲を北部および東部に広げる検討をすることも述べた。CI-154ブロックではTOTALは54%の権益を持っており、残り36%はカナダのCNR International社、10%がコートジボワールの国営石油会社であるPETROCIが持っている。
AIP
http://news.abidjan.net/h/495421.html

【民間セクター動向】
アビジャン・プレス協会が木曜日に取材したところによると、コートジボワール企業La société ivoirienne de câble (SICABLE)は、2013年の事業結果として、年間配当を計337,911,835FCFA(訳675,823USD)を4月29日に払う予定であるとのこと。純株式配当は、5,169.5FCFA。SICABLE社は2013年の税引き後利益が1兆150億FCFA(前年比4.61%増)を達成。
APA
http://news.abidjan.net/h/495453.html



posted by kanekoci at 15:43| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。