2014年04月16日

4月16日

【市場動向】新車市場動向
コートジボワールでは自動車市場は社会経済圧力をもっとも敏感にうける市場の一つである。前回の危機の直後に、コートジボワールの自動車市場は急速に回復し、2011年に新車5,264台であったのが、2012年には8,548台となった。実に62.37%の伸びである。しかしこの理由は明白で、危機中の自動車被害や盗難などを埋め合わせるためである。2013年は8,159台で、昨年に比べ389台下落した。業界団体は、この傾向をネガティブにはとらえておらず、コートジボワールの通常の新車需要量に戻ったのみと説明している。
コートジボワールの2013年新車販売の構成は、
CFAOモータースが2,462台で現地市場の30%を占めている。それに続くのがAfricautoで1,972台、24%を占めている。年初はCFAOもAfrcautoも同じくらいの台数を販売していたが、9月頃からCFAOが販売を伸ばした。その他4社について、Socidaは959台で12%、ATC Comafriqueが899台で11%、Setaciが605台で7%、Rimco Motorsが496台で6%、という構成。どの4社も昨年に比べて販売台数は2倍に増やしている。
業界団体は2015年までに販売台数を年9,000台までに増やしたいとしている。
Cote d’Ivoire Economie
http://news.abidjan.net/h/495266.html

【運輸交通】アビジャン-ロメ間の鉄道
4月7日、ニアメに置いてニジェールのIssoufou大統領が鉄道建設の開始を記念式典に出席し、「これは歴史的な出来事である」とのべた。アビジャン-ワガドゥグ-ニアメ-ことぬー-ロメを結ぶ2,800Kmの鉄道建設である。
10年以上前から計画があり、総建設費用は30億から36億EURと言われていたが、2013年11月7日に、Issouf大統領、ベナンのBoni Yayi大統領、Bollore社社長との間で、コトヌー-ニアメ間の資本40%をBolloreAfrica社が保有することとなる戦略的パートナーの合意が結ばれた。
工事は今年中に開始予定で、コトヌーとパラクーを結ぶ既存路線449キロのリハビリをまず行う。
Jeune Afrique
http://news.abidjan.net/h/495266.html

【運輸交通】都市鉄道の費用10億EUR
コートジボワール政府は、アビジャン都市鉄道についてフランスBouygues社と韓国Dongsan Engineering社および Hyunday Rotem社のコンソーシアムとの間に、合意を結んだ。プロジェクト経費はもともと見積もられていた5億EURに対して、10億EURになる見込み。フランスのAlstom社は撤退した。同プロジェクトには公共投資はつかず、交通量の保証もない。コンセッションは40年。工事は2015年第1四半期に始まる予定。北はアニャマから、空港のあるポールブエまで37.5Kmを結ぶ。2016-2017年には開業の予定で、1日に30万人の輸送が可能となる。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/index.php?option=com_content&view=article&id=21848



posted by kanekoci at 05:55| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

4月11日

4月9日
【財政支援】

コートジボワール政府は地方の土地法の発効のために、ヨーロッパ連合(EU)から6000万EURの財政支援を受ける。第一パッチは3年間で総額の半分の3000万EUR。この財政支援を受ける理由は、1.重要な資本としてコートジボワール政府が土地の管理をすることに合意したため、2.土地は政情安定と発展につながる要因であるため、である。
Ministères
http://news.abidjan.net/h/494807.html

4月10日
【関税】2014年第一四半期で3000億FCFAの税収を達成

コートジボワール税関局長は、2014年第一四半期で、目標額2750億FCFAに対して、3000億FCFAの税収を達成したことを発表した。
AIP
http://news.abidjan.net/h/494939.html

【金融】Bank of Africaが2013年利益51億FCFAを達成
Bank of Africaコートジボワールの通常総会が木曜日にアビジャン本社で開催され、2013年の総決算によって利益が51億FCFAであったことが、情報筋からアフリカプレス協会に伝えられた。
顧客の預金は2012年の2042億FCFAに対して、2013年末時点で2370億FCFAで16.1%の伸び。新規口座開設は、2012年の75,071口座に対して、2013年で103,959口座。
BOAの大株主は、モロッコのBanque Marocaine du Commerce Extérieurである。
APA
http://news.abidjan.net/h/494944.html

4月11日
【経済ミッション】ブラジル経済ミッションがアビジャンに

投資可能性を探すためにアビジャンに滞在中のブラジル経済ミッションが昨日、外遊中のダンカン首相に代わって内務省Hamed BAKAYOKO大臣と面会した。
ブラジル-アフリカ商業会議所のDenis Goncalues会頭は、特にインフラ、教育、住居、ICT、保健、農業への投資意欲があることを同面談の中で述べた。
AIP
http://news.abidjan.net/h/494999.html

posted by kanekoci at 19:36| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

4月8日

4月5日
【運輸・航空】エールコートジボワールが国内線就航の計画

2014年の第四四半期に、エールコートジボワールは、サンペドロ、ブアケ、コロゴ、に国内線を就航させる計画を持っている。既に新機体は購入済みで、9月には納入される予定。Abdoulay COULIBALY社長によると「国内線就航は2014年の優先事項で、70席の期待を2機購入した。」とプレス発表で述べた。
Le Patriote
http://news.abidjan.net/h/494466.html

4月8日
【マクロ経済・アフリカ】サブサハラアフリカの2014年経済成長は5.2%の予測

世界銀行の予測によるとサブサハラアフリカの2014年経済成長は5.2%となる。2013年は4.7%だった。天然資源とインフラへの投資の高まりと、世帯消費の強まりが要因。
天然資源は、新たな石油やガスの鉱床が複数の国、特にアンゴラ、モザンビーク、タンザニアで発見され、海外直接投資は16%、金額にして430億USD(2013年)の伸びを示した。
インフレ率は、食料品価格の下落と慎重な金融政策によって2012年10.7%に対して2013年6.3%と低下している。
AIP
http://news.abidjan.net/h/494730.html


posted by kanekoci at 07:28| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。