2014年03月25日

3月24日

3月22−23日
【港湾・動向】商品扱い量の上昇

アビジャン自治港の2013年貨物取扱量は2150万トン(昨年比1.1%減)、売上722億FCFA(同14.1%増)であった。石油の減税は貨物取扱量の減少を招いたものの、商品セグメントによっては活発な様相を示している。同港総裁Yacouba Hien Sie氏は、アフリカにおける第三のハブ港として引き続き前進する旨述べた。
また、アビジャン港によってマリとブルキナファソがより利益を受けられるようにサービス強化に努めることも述べられた。内容としては、トランジットオペレーションの効率化、課税状況の最適化、関税局の無料エスコート、自動通関システム、輸送道路上のブロック数の減少、など。
Fraternite Matin、3月22日−23日紙面P18

3月24日
【インフラ・水】飲料水供給ステーションを新たにヨプゴンに設置予定(6月)
6月30日から、ヨプゴンのニャンゴン地区に飲料水供給ステーションが設置され、断水状況が終わりを告げることを、ダンカン首相が宣言した。このステーションでは2,000㎥/時間、44,000㎥/日の生産能力があり、いずれマルコリ地区やアボボ地区にも給水が可能。このプロジェクトは、110億FCFAの予算で、イスラム開発銀行と石油基金の融資を受けて、コートジボワール政府が実施しているもの。
Fraternite Matin、3月24日紙面P16




posted by kanekoci at 06:24| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。