2014年03月20日

3月19日

【農業・カシューナッツ】2014年カシューナッツ商業化の最盛期の開始
2014年カシューナッツ商業化の最盛期が始まった。生産者の境遇改善が見込まれる一方で、特に生産地から港までの運輸に関する問題が残ってもいる。ボンドゥクの生産者組合Nontangoの会長KOFFI氏によると、「輸送道路上の賄賂要求の問題や、アビジャン港やサンペドロ港までの輸送料の高騰など、問題は多い。例えばボンドゥクとアビジャンの間で、やっとのことで交渉して20トンで500,000FCFAかそれ以上の輸送料。それ以外に生産地における荷積みに1回につき3,000FCFA、アビジャンで1,000FCFAがかかることは計算に入っていない。」
2014年のカシューナッツ買取価格は225FCFA/Kgで、去年より25FCFAの増額。農業省Mamadou Sangafowa Coulibaly大臣は、「生産者はCAF価格の60%の利益を得られることになるので、関係者はこの価格を遵守するように」と呼びかけ、特にガーナ国境沿いで見られる道路沿いでの産品販売は禁止されていることを改めて確認した。
Cote d’Ivoire Economie
http://news.abidjan.net/h/493127.html


posted by kanekoci at 11:25| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。