2013年11月26日

11月25日

【行政・自治体予算】
ブアケ市は土曜日、臨時市議会において3カ年計画(2014-2016)を採択した。計画の予算は1,421,342,000FCFA(約284百万円)で、うち1,147,342,000FCFAが管理費、274,000,000FCFAが事業費となっている。2014年には投資見通しに関して一般サービスへの予算振り分けを優先し、投資予算の52パーセント194,000,000FCFAを割り振るとしている。
ブアケ市長Djibo Youssouf Nicolas氏によると、同3ヵ年計画はコミューン自前の拠出金と国の補助金で賄われる予定。税収は2013年に対して30~40%の増が見込まれている。
同計画は、ブアケは都市インフラ緊急プロジェクトの10の優先都市のひとつであることから、同プロジェクトに含まれている複数のプロジェクトを考慮しながら起案されたものである。このプロジェクトにおいてブアケは2014-2016の間に、5兆1990億FCFAの予算分の裨益を受けることとなっている。
AIP
http://news.abidjan.net/h/480778.html

【官民連携・ビジネスミッション】
メキシコのビジネスミッションが11月24日から27日にかけて滞在している。ミッションの目的は今回の滞在中に25の合意を結ぶことと、二国間の産業連携を強めることにある。今後2年間に、商業交流を現在の1億1500万USDから二倍にすることを目標としている。今回のミッション中にはBtoBセッションも設ける予定で、メキシコ側参加企業は電力、土木、不動産開発、鉄道開発、産業・家庭廃棄物の電力利用、教育・保健、再生可能エネルギーなど。
Ministères
http://news.abidjan.net/h/480757.html

【投資・製造業】Vliscoがアクラにアフリカ初のCenter of Excellenceを開設予定
オランダのワックス布生産で有名なVlisco社が、ガーナ・アクラに12月、アフリカ初のCenter of Excellenceを開設予定であることを発表した。同センターは調達やマーケティングを担当する。
Vlisco社は2013年以降西アフリカと南アフリカ共和国に15以上の直営店舗を開いたうえ、コンゴ民主主義共和国キンシャサでは立て続けに販売拠点を開いたところである。
Vlisco社は1846年からオランダのHelmondに本拠地を構えている。2010年にはActisから1億1800万EURの出資を受けている。毎年6300万Mの布を生産し、売上の90%はアフリカ大陸であげている。2800人を雇用し、うち2000人は西アフリカでの雇用である。2012年の売上は2億6800万EURで、2013年には3億EURを達成する見込み。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/entreprises/entreprises/distribution/20656-vlisco-ouvre-un-centre-d-excellence-au-ghana.html




posted by kanekoci at 06:07| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。