2013年11月19日

11月19日

【エネルギー・投資】アフリカ開発銀行が再生可能エネルギーアフリカ基金に2500万USDを投資
アフリカ開発銀行は13日、再生可能エネルギーアフリカ基金(Fonds africain de l’énergie renouvelable:FAER)に2500万USDを投資し、他ドナー等に対して3950万USDの資金動員をかけることを承認した。
FAERはプライベートエクイティ投資であり、サブサハラアフリカ(南アは除く)の再生可能エネルギープロジェクトに投資する。
FAERの管理者となるBerkeley Energyは2007年に創設されたプライベートエクイティファンド管理会社であり、2009年にはFAERと同類のアジアを対象とした再生可能エネルギーファンド(Fonds des énergies renouvelables ciblant l’Asie:REAF)を設立し、1億100万USD資本で、3年半で80%を展開・投資した。
AIP
http://news.abidjan.net/h/480226.html

【航空・提携】CorsairとEmiratesが提携合意
フランスのCorsairとドゥバイのEmiratesが、乗客がパリ−ドゥバイ間をダカールとアビジャンを経てスムーズに乗り換え・連結できるよう、提携合意を結んだ。チケット1枚でこの乗り換えが可能となる。合意は11月12日から発効する。
Jeune Afrique
http://direct.economie.jeuneafrique.com/entreprises/entreprises/transports/20594-afrique-de-louest-accord-interline-entre-corsair-et-emirates.html

【電力・投資】セネガル、トベヌの新電力発電所
セネガルのトベヌ(Tobene、ダカールから北東に90q)で、新電力発電所の建設が近く始まる予定。同プロジェクトの予算は1億2000万EUR。IFCが9300万EURを投資し、世銀がセネガル電力公社Senelecによる支払いを保証する。
同プロジェクトはクヌン(Kounoune)の発電所を管理するMelecの親会社であるSamer Nasrによって行われる。重油の火力発電で2015年の初めには同国の電力消費の15%を占める87.5MW(保証能力70MW)の発電能力が付与されることになる。
Jeune Afrique
http://direct.economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/20432-senegal-une-nouvelle-centrale-electrique-a-tobene.html



posted by kanekoci at 05:59| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。