2013年09月24日

9月23日

【インフラ・橋】進まないジャックビル橋の建設
ジャックビル(Jacqueville、アビジャン自治区内)にかける橋の建設が技術的問題から遅延している。Duncun首相は21日(土)、現場を訪問した
問題となっているのは、当初計画と実際の現場の水深の違い。当初計画は、橋の基盤となる地面を水深50mとして設定しているが、実際の建設現場は60mの深さとなっており、特別の機械を使用する必要があるが、その機械の到着が遅れているとのこと。
建設費用は253億FCFA、エブリエ湾608mをまたぐもので、幅は10.5m、両端に1.5mの歩道が設定されている。工事はコートジボワール政府と西アフリカ開発銀行、アフリカ開発銀行を含む金融機関から得ている。
Soir Info、9月23日紙面No.5701、P9

@ジャックビルに渡るラギューンの風景
561489_10152281141035582_705501142_n.jpg

A渡り船の中
CIMG5941.JPG

Bエンジン(日本製がんばってます)
CIMG5942.JPG




【二国間協力・フランス】
フランスとコートジボワールの間では債務救済と開発契約(Contrat de Désendettement et de Développement:C2D)が2012年12月に交わされており、その額は117億FCFAにのぼる。今年9月20日、首相府ではこの基金に関わる5つの協定が結ばれた。2013−2015年で使用される計画のこの金額は、保健、職業訓練、雇用、生物多様性に向けられる予定。
Soir Info、9月23日紙面No.5701、P9


posted by kanekoci at 06:45| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。