2013年09月21日

9月20日

本日はJeune Afriqueによるルポ的記事を一本。
記事のほぼ全てを掲載しています。
この国の農業と産業の構造が見えてくるナイスな記事だと思います。
バリューチェーンのすべてを一社が包括するのはどこでもあることと思いますが、コートジボワール(含・アフリカの換金作物生産地)においては、その一社が生産者である小農とプランテーション労働者及びその家族の生活や村のインフラなど全てを抱えている点が、非常に特徴的。
私が取ったパームの林の写真も下につけておきました。

【農業・パーム】Iroboによる赤い金の生産
パームオイルの国際価格が低下しているにも関わらず、PALMCI社の8あるうちの1工場Iroboは35,000トンのパーム原油を生産している。Jeune Afriqueがインタビューした。
アビジャンから西のサンペドロ(SanPedro)に向かう道沿いは、バナナやパームから転作したゴム農園が連なっている。その湿度や気温から、この地域はPALMCI社(Sifcaグループ)のようなアグロインダストリーにとって天国である。PALMCIのIrobo工場は1970年に建設され、年生産量は35,000トン以上で、これはPLAMCIの全生産量の12%を占める。さらに、関連している労働者は3,000世帯に上る。この工場がまさに地域の生活の心臓であるといって過言ではない。PALMCIは同地の3つの保護区、7の村、幼稚園、8の小学校、3の保健所の管理に参加し、工場の入り口近辺には銀行も設置されている。
2012年4月から見られるパーム価格の低下(-33%)の影響を最小化するために、Iroboは生産キャパシティーを向上させてきた。現在では1時間に60トンの生産が可能で、いずれそれも75トンを達成する。PALMCIの売上は2億4600万EUR(2012年)で、7200ヘクタール以上の工業用地で稼動している。農園では労働者10人のうち9人が男性。また、2,000の独立した小農が合計11,400ヘクタールで各自栽培しており、PALMCIはここからも調達している。
Iroboには四駆で工場から15分ほどのところに苗床がある。8.6ヘクタールの広さで55人の労働者によって栽培されているが、ここは唯一女性の労働者がメインの場所である。なぜなら女性はより丁寧にケアするから、というのは工業農園の責任者の弁。Jeune Afriqueが訪問したときは、苗木は9ヶ月となっていて、もう少しで村の生産車に販売される予定とのこと。販売価格は1ユニット750FCFA(約150円)。植え付け後は収穫まで2年かかる。収穫量は、まず1ヘクタールにつき3トン、次に5年で16トン、9から18年で24トン、という伸び具合。その後25年くらいで1ヘクタールにつき10トンになると植え替え時期で、IroboではPLAMCIのパーム株は94%が18年以下とのこと。
収穫シーズンは2月から6月で、1日の収穫は夜明けから始まる。農地では労働者が熟したパームの実が地面に落ちているかを調べる。これが収穫のサインである。収穫は8Mの棒の先に鎌をつけたものを使う。実の周辺部分は腐って農地の栄養となる。農地内輸送については、最近手押し車に代わって、最大50Kgを運べる牛に引かせるカートが主流になっている。
機械化の計画は現時点ではない。「アジアに視察に行ったところ、我々の農園サイズでは機械化の投資に見合わないことがわかった」と関係者は話す。1日の仕事の最後には、収穫の結果地面に散らばったパームの実を集め、袋につめる。農民は35キロの袋を軽々と頭に載せて運ぶ。
3つの協同組合が集まり、小農たちはIrobo工場の加工量のうち40%分を供給しているが、3ヘクタールのパームと3ヘクタールのゴムを生産している農民によると、収穫頻度は1ヶ月に2回、生産能力は低く、1ヘクタールにつき10トンとのこと。
PALMCIとして、このような供給源を確保することは重要であるが、供給確保の競争は同地50km間に工場を建設している他企業との間で激しくなっている。加えて、小農が直接Abidjanに直接販売することも考えられる。「現場で我々は、農家がロイヤリティーをつけてマーケティングできるよう促進している。」とはSifcaの持続的開発課長の弁。同社は農家にたいして適正な価格で設備を販売し、ガイダンスも提供、健康ケアへのアクセス・ファシリテート、健康保険への加入までも支援している。しかしながら、小農の生産のうち65%しかPALMCIには届かないとのこと。
パームは収穫直後、酸化を最小限にとどめるため、可能な限り24時間以内に加工されなければならない。工場の前では、140人の労働者が絶え間なくトラックで荷卸をしている。
収穫ピーク時には、保管エリアは3,500トンまでの保管が可能である。コンベヤーに荷卸され、まずは品質低下を防ぐために殺菌され、その後実が分離される。そしてその実がこねられて絞られる。
運用コストの削減のために、PALMCIはバイオマスボイラーを導入し、必要なエネルギーの70%をまかなっている。生産サイクルの最後に、このカロチンが豊富な「赤い金」は精油を行うSania社(Sifcaグループ)にトラックで送られる。精油と脱臭がなされ、ついにパーム油として販売される。地域の需要を考慮しており、Iroboの従業員は笑顔となっている。毎年、西アフリカ地域の現地生産の不足を補うため80万トンのパーム油がアジアから西アフリカに輸入されている。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/entreprises/entreprises/agro-industrie/19524-huile-de-palme-irobo-la-fabrique-de-lor-rouge.html

734601_10152578027745582_1960944629_n.jpg

625507_10152578027565582_1341231432_n.jpg


559850_10152578030565582_1084879380_n.jpg
posted by kanekoci at 07:35| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。