2013年09月03日

9月2日

本日のニュース。
アビジャンからはルポルタージュ風ですが、アビジャンの経済成長と、中間層の興隆(の兆し)が垣間見えて興味深いです。
また、セネガルからは相互関連しているニュースを2本。セネガルは基幹産業が無いと言われていますが、中小零細企業はコートジボワールよりも活発だ、という意見を両国を知る何人かのアフリカビジネスマンから聞いたことがあります。インフォーマルセクターも含めて考えると、週末特別号でも見たように、セネガルはMFIの動向も活発な模様(対象顧客である企業群も活発と想像)、加えて先日のニュースではSGBSがインフォーマルセクター向け金融商品の提供を始めることが報じられていました。今回のニュースのような政府の支援によって、一歩先に進もうとしている企業の後押しをしていけるのか、セネガルの中小零細企業動向に注目。

8月31日−9月1日
【経済・小売】アビジャンでの小規模スーパーマーケットの攻勢

アビジャンでは新しいタイプの小売店、小規模スーパーマーケット(Superette)が充実し始めており、零細小売店(Boutique)との競争が始まっている。小規模スーパーマーケットの手法としては、顧客を引き付けるために自らの利益を半分に抑え、その分商品の回転を速くするというもの。また、計画だてられた商品調達をしていることに加え、零細小売店は半卸から商品調達するのに対し、小規模スーパーマーケットは卸から直接調達する。また、零細小売店では店主しか商品を扱えないのに対し、小規模スーパーマーケットは店内で顧客は商品に直接手を伸ばし、自由に購入ができる。また小規模スーパーマーケットでは、大規模スーパーマーケットと同じ商品が扱われており、多くの住民にとって、遠い大規模スーパーマーケットに行かずとも商品を購入でき、移動費も節約できる非常に経済的な存在となっている。産業化の過程でみられるように、小規模小売店を淘汰する日も近いかもしれない。
Le Patriote、9月2日紙面No.4131、8月31日−9月1日

8月30日
セネガル
【金融・SME】セネガル政府による中小企業向け基金:4050万USD

セネガル政府は中小企業の再構築のための基金を創設し、向う3年間で200億FCFA(4050万USD)を拠出する予定。商業・工業・インフォーマルセクター省のAlioune Sarr大臣によると、この基金は金融・非金融サービスに代わるもので、すでに対象として50の企業がリストアップされているとのこと。
この基金の拠出金は、政府によって新たに創設された戦略的投資政府基金(Fonds souverain d'investissements stratégiques:Fonsis)、優先投資保証基金(Fonds de garantie des investissements prioritaires:Fongip)、供託基金(Caisse de dépôts et de consignation:CDC)、経済開発国立銀行(Banque nationale pour le développement économique :BNDE)が参画する模様。
同大臣によると、この基金は特に漁業、ICT、観光、農産品加工セクターにおいて労働集約的かつ高付加価値な活動をする企業が優先される。また、売上50億FCFA(約1000万USD)以下の企業は中小企業振興支援機構(Agence pour le développement et l'encadrement des PME:Adepme)の管轄となり、同額以上の企業は同省の民間セクター支援局(Direction de l'appui au secteur privé)の管轄となる。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/19298-senegal-letat-consacre-un-fonds-de-405-millions-de-dollars-aux-entreprises-en-difficulte.html

【金融・銀行】経済開発国立銀行の稼働
経済開発国立銀行(Banque nationale pour le développement économique :BNDE)が2014年1月に業務を開始する。同行は、2008年に創設された経済振興基金(Fonds de promotion économique:FPE)が転換したもので、特に金融アクセスに問題を抱える中小企業(SME)への金融支援をミッションとする。
政府支援はあるものの、セネガルのSMEは80%が金融支援の依頼を拒否されている。また、却下されるローン依頼の理由のうち51%は保証の欠如となっており、不足している金融支援額は5000億FCFA(約7億6200万EUR)に上ると、BNDE総裁Thierno Seydou Nourou Sy氏は述べている。セネガルにおいてSMEは企業数の85%、労働人口の60%、フォーマルセクターにおける雇用の30%、GDPの30%、を占めている。
支援を受けたいSMEはまず中小企業振興支援機構(Agence pour le développement et l'encadrement des PME:Adepme)を通じて必要最低条件を満たす必要がある。
BNDEの資本は110億FCFA(約1680万EUR)、うちセネガル政府が25%、西アフリカ開発銀行が9%を保有する。そのほか、民間のBridge Group West Africaや、保険会社、セネガルの個人ビジネスマンも株式を保有している。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/19296-senegal--la-bnde-decroche-son-agrement.html




posted by kanekoci at 06:46| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。