2013年08月31日

8月30日

【産業・投資】2013年上半期の投資総額は280億FCFA
産業・鉱業省Guillaume Gnamien官房長は、2013年上半期のコートジボワールへの投資総額が280億FCFAであったことを発表した。昨年度同時期に比べ、産業動向は6%上昇し、投資効果として1030名の雇用が生まれた。木材加工が28.6%、ガラス加工建設資材が15.3%、電力・ガス・水が13.2%、農産品加工とタバコが0.1%、それぞれ上昇している。
Fraternite Matin、8月30日紙面、P21

【漁業・環境】伝統的漁獲法に対するアジャケ市の対応
アジャケ(Adiake、南東部、Sud-Comoe州)の市長は、アカジャセ(Akadjasse)と呼ばれる伝統的漁獲法を禁止することを決めた。アカジャセは有害な葉を使った漁獲法で、罠にかかった魚は死ぬこともあり、専門家によるとラギューン汚染にもつながるとのこと。アジャケ市は漁民と対話をし、この手法をやめ、現代の規格にあったものとするよう求めた。市は代わりに小舟と網をそれぞれ10個提供することを提案している。
AIP
http://news.abidjan.net/h/470334.html

エチオピア
【産業・被服】H&Mが南部アフリカに初の店舗出店

スウェーデンの被服企業H&M社が南アフリカ共和国に初の店舗を出店することが分かった。2015年の出店を目指す。
H&M社は生産の一部をアジアからエチオピアに移転させるが、既にヨハネスブルグでの第一号出店契約も結んでいる。いずれケープタウンにも出店すべく調査中。
同社は南部アフリカ市場に大きなポテンシャルを見出しているものの、今以上の詳細はまだ開示できないとのこと。同社社長はコミュニケにおいて「ヨハネスブルグの第一号店はこの地域における旗艦店であり、コンセプトストアになるものである」としている。
アフリカにおいて同社は、モロッコとエジプトに店を構えているのみだが、第二四半期には新たに100店舗を開設し、世界で合計2,908の店舗を構えた。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/19262-h-m-va-ouvrir-son-premier-magasin-au-sud-du-sahara.html
****
H&M社はエチオピアでの生産を開始するが、現在のアジアでの生産、特に低価格生産の主要部分を占めているバングラディシュでの生産に代わるものではなく、潜在市場に向けた生産能力拡大のための行動、と理解される。
エチオピアの同社サプライヤーによると、既にテストオーダーがなされ、毎月100万部のオーダーが計画されている模様。
同社のエチオピアでの生産理由は、エチオピアのコストは中国の半分であるということから、明らかにコストメリットにある。ただし、この差はすぐに縮まる可能性がある。中国のコストは毎年7.7%の上昇を示しているのに対し、エチオピアは18%で、このままいけば2019年には中国よりも高くなってしまう。
エチオピア政府は、同国の経済にとって被服産業は主要成長産業の一つであり、2016年までに10億USDを輸出したいとしている。2011年7月から2012年6月にかけては、8460万USDの輸出をしている。前年比26%増。
英国の被服チェーンTesco、George and Irish Primarkも既に生産の一部をエチオピアに移管することを決めている。
Retail Detail BVBA(8月20日)
http://www.retaildetail.eu/nl/eur-europe/eur-fashion/item/15320-hm-to-start-production-in-ethiopia



posted by kanekoci at 07:57| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。