2013年08月23日

8月22日

【都市間交通】Utb社がマンに新駅を設置
2002年の政治・軍事危機以来11年間閉鎖していたマン(Man、中北部)の都市間運輸交通会社Utb社の駅が、今月29日に再開することが発表された。この駅は700uの広さで250人の収容が可能で、マン-アビジャン間を日に4本、マン-ブアケ間を日に3本、マン-ヤムスクロ間を日に1本の便で結ぶ。マン-アビジャン間の料金は10,000FCFA。再開にあたり、6車が新たに投入される。2014年中にブルキナファソおよびマリまでもつなぐ予定。
この新駅開設は、マンの住民や行政の強い要望に基づくものとの説明がUtb社からはなされている。
Le Nouveau Reveil、8月22日紙面、P8

【農業・コットン/カシュー】コットン・カシュー改革にかかる法案の承認
コートジボワール国会の経済・財政委員会(Commission des affaires économiques et financières du parlement ivoirien:CAEF)は、コットンとカシュー分野の商業化にかかる規則と活動規制についての法律を承認した。農業省によって発表されたこの法案は、8章60条で構成され、コットンとカシューの国内および海外取引規制と、加工規制について制定されている。政府は、同分野の規制・管理・開発を担う新機構の設立も予定している。
同法案の実行法は9月までに策定される予定。
L’intelligent d’Abidjan
http://news.abidjan.net/h/469611.html





posted by kanekoci at 08:00| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。