2013年08月15日

8月14日

8月12日発行のニュースで重要なものがあったので追加してます。下のほうで書いてます。

【二国間関係・米国】AGOA15年の延長に合意表明
 アフリカ成長機会法(African Growth and Opportunity Act: AGOA)の有効期限は2015年までとなっており、それ以後15年間の延長がアフリカ側全関係者から望まれていたところであるが、エチオピア・アジスアベバ、アフリカ連合本部で開催されたAGOA年次フォーラム、閣僚セッションにビデオメッセージを寄せたオバマ米国大統領は、延長への合意を表明した。
 関係者は総じて「AGOAが実施されてから13年、生産能力の問題やアメリカ市場への理解の不足などから、アフリカ諸国は真に恩恵を得られたとは言えないことからも、期限延長は議論の余地のないものである」と考えている。
 AGOAUは、今後国際貿易の新規潮流であり、オバマ大統領のサブサハラ戦略の新たな型になるという。
Fraternite Matin、8月14日紙面、P15

【投資・通信】コートジボワール政府が中国の支援で光ファイバーに投資
コートジボワール政府は、2015年までに7,000Kmの光ファイバー敷設に2億4330万USDを投資する意思を持っている。中国Exim銀行がすでに5500万USDを融資の形で政府に出資している。2011年にすでに開始している工事hあ、HUAWEIテクノロジー社と中国国際テレコミュニケーション建設協力社(China International Telecommunications Constructions Corporation :CITCC)が請け負っている。
ITC分野の売り上げは19億USDでGDPの8%を占めている。
コートジボワールの国家開発計画においては、ICTは経済のエンジンの一つとみなされ、10年の26億3500万USDの投資計画を持っている。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/19008-letat-ivoirien-investit-dans-la-fibre-optique-avec-laide-des-chinois.html


8月12日
ガーナ
【投資・輸送機器】ガーナにマヒンドラ社が組み立て工場を設立
インドのマヒンドラ社が、現地企業とのパートナーシップのもと、組み立て工場とディストリビューションセンターをアクラに設立する。
3.8ヘクタールの土地に、オトモビル・プラザを建設する予定で、同地は現地市場の需要にこたえるとともに、新規市場開拓を現地及び隣接する諸国で実施する予定とマヒンドラ車の正規代理店Svaniモーター社Thomas Svanikier氏は述べた。同氏によると、マヒンドラ社はガーナ市場にXUV500、Genio、Xyloなどの車種を投入する計画とのことで、現地Fidelity Bankと提携して、貸付やレンタル・販売契約の支援をする予定。
同社はムンバイの企業で、155,000人の雇用を100か国以上で生み出している。売り上げは152億USDで、グループとしては、アグロインダストリー、航空、エネルギー、金融、工業設備などの事業を展開している。昨年はForbe Global 2000において、2013年の世界成長企業の一つに選ばれた。
アフリカでは、すでに南アで通信やメディアの分野で視点を持っている。
ガーナは2013年に13,000車の新車販売が見込まれ、サブサハラアフリカで重要な市場とみられている。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/18964-lindien-mahindra-va-ouvrir-une-usine-dassemblage-au-ghana.html





posted by kanekoci at 12:21| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。