2013年08月01日

7月31日

本日はセネガルのニュースを一本入れてます。

【地方経済・ブアケ】ブアケ市の2013年予算が確定
ブアケ市長および地方議会はは7月27日、2013年のブアケ市予算2,376,160,000FCFAを承認した。運営費が2,071,044,000FCFA、投資が305,116,000FCFAという内訳。市長によると、同予算の実施と行政区の運営稼働が喫緊の課題となるとのこと。同市にとっての優先プロジェクトは中央市場建設。
Reveil、7月31日No. 3451、P12

【金融・決済】2012年のBCEAO利益31兆170億FCFA
西アフリカ諸国中央銀行(Banque Centrale des Etats de l'Afrique de l'Ouest:BCEAO)は、2012年12月31日締めで利益31兆170億FCFA(≒620億3400万USD)での決算となった。2011年27兆5040億FCFAに対して13%増。
増の要因は、金の保有は2011年の9996億7900万FCFAに対して、2012年は1兆19億7000万FCFA、UEMOA金融機関に対する債権は、2011年7241億2900万FCFAに対して、2012年1兆507億4500万FCFAで45%増。国庫に対する債権は2011年の9108億5100万FCFAに対して3%減で、8835億200万FCFA。
通貨の流通量は5%増で4兆3811億3000万FCFA。売掛金と預金は、11%減で2011年2兆6193億2900万FCFAに対して2012年2兆3331億1100万FCFA。
粗利は8%増で1743億500万FCFA。
APA
http://news.abidjan.net/h/466931.html



セネガル
【インフラ・地方電化】セネガル政府がセネガル・スペイン企業と地方電化で契約合意
セネガル政府は、セネガル・スペイン企業Enco/Isofoton社と、南東部コルダ(Kolda)からベリンガラ(Velingara)の地域の20,500の村を太陽光発電で電化する今セッション契約を結んだ。コルダとジャオベ(Diaobe)、カベンドゥ(Kabendou)の間90キロの基幹回線を建設し、7つの変電基地を導入することも合意する予定。
同今セッション契約は、計80億5,000万FCFAと見積もられており、うち69%、55億9000万FCFAは政が、EUの30億FCFAの支援を得て、補助金を出すこととしている。ECO/Isofotonは31%、24億6000万FCFAを負担する。セネガルは2017年までに地方電化を24%から50%までひきあげることを目的としている。
Jeune Afrique
http://economie.jeuneafrique.com/regions/afrique-subsaharienne/18812-encoisofoton-charge-delectrifier-20-500-villages-au-senegal.html



posted by kanekoci at 07:23| Comment(0) | 産業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。