2013年07月27日

7月26日

【公共投資・卸売市場】アビジャンにフルーツと野菜の卸売市場の建設予定
アビジャン特別自治区Robert Beugre Mambe知事官房は、フルーツと野菜の卸売市場の建設予定があることを明かした。投資額は300億FCFA超の見込みで、Adjame地区にある昔ながらのグロ(Gouro)市場に替わる現代的な市場として機能させる計画。4haの土地に、倉庫、警察署、レストラン、タクシー停留所、商業施設を備えるもの。
Mambe知事は、この建設計画は貧困や失業率の削減を促し、アビジャン特別自治区の予算に対しても大きなインパクトを持つとして、推進への理解を求めた。
L’intelligent d’Abidjan
http://news.abidjan.net/h/466384.html

【地域統合・通貨】共通通貨の創設推進の重要性
西アフリカ諸国中央銀行(Banque Centrale des Etats de l’Afrique de l’Ouest:BCEAO)会頭Tiemoko Meyliet Koneは、2020年までの共通通貨創設に向けた推進をより一層強化するよう、25日ガーナ首都アクラで開催されていた西アフリカ諸国経済共同体(Economic Community Of West African States:ECOWAS)メンバー中央銀行会頭委員会において強調した。
Kone会頭は、ECOWASメンバーのうち西アフリカ経済通貨同盟(Union Economique et Monetaire Ouest Africaine :UEMOA)以外のメンバーで構成する西アフリカ通貨機構(West African Monetary Agency:WAMA)は2015年までに共通通貨と中央銀行を創設する意思があり、2020年までに、マクロ経済の収斂と統合のために必要な工程を経て、ECOWAS共通通貨を持つこと計画であると述べた。
中央銀行会頭委員会では、共通通貨創設にむけた進捗状況確認と、マクロ経済の収斂状況、共通政策と法制度枠組みの確認を行った。
Abidjan.net
http://news.abidjan.net/h/466418.html


posted by kanekoci at 06:19| Comment(0) | 産業ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。